魅惑のリンドス

魅惑のリンドス
ギリシャ ロドス島 ロドス 騎士団長の館 入り口
「騎士団長の館」への道

【2019年9月】ギリシャロードス島の旧市街の見どころの中で、観光案内所の人が強く勧めたが「騎士団長の館」でした。

それで、そこへ行ってみたのですが、その週末の土・日は入場無料となると判明。

ケチ根性を発揮して、金曜日のその日は、ここへ入るのを辞め、いきなり、ロードス・タウンから離れたリンドスへ行くことに決めました。

案内所の人から地図やバスの時刻表も貰っていたので、それに従って、新市街のバス・ステーションへ。

ギリシャ ロドス島 リンドス 城壁 白い家々
丘の上の城壁と白い家々のリンドス

ただ、唯一欠けていたのが、ロードス・タウンからリンドスまでの時間の把握でした。

バスに乗り込んでから、あれ?と思って調べたら、何と1時間半もかかるのでした。

乗ったバスは午後2時発で着いたのは3時半ごろ。

夜の予定があったので、帰りの5時15分のバスに乗らなくてはならず、リンドスにいたのは2時間足らずと忙しい観光になりました。

下調べが重要だと肝に銘じた次第。

ギリシャ ロドス島 リンドス 路地 土産物屋
土産物屋が連なる路地

そして、リンドスは2時間どころか、数日は過ごしたい素晴らしいところでした。

小高い丘の上にアクロポリス跡があり、そこへ向かって白い家々が折り重なっています

バス停から一旦下って、広場に出、そこから町なかに入ると、狭い路地の両側に魅力的なお土産屋さんが連なっています。

覗く時間はないので、とりあえず、丘の上のアクロポリスを目指して、ぐんぐん上りました。

途中、わき道にそれてみたら、眼下に美しい海とビーチが。

白い家々が広がる景色も素晴らしかったです。

わき道にそれたせいで、しばし道なき道を登る羽目に陥りましたが、それも一興。

アクロポリスへの入場料は€12(1450円ほど)もしましたが、ここまで来たら入るしかありません。

ちなみに、65歳以上は半額だそうです。

ギリシャ ロドス島 リンドス アクロポリス 中世の階段
体力の要る中世の階段

最初の階段を上ったところの岩に、船らしいものが彫ってありました。

そこにあった案内板によると、なにやら大昔の海戦の勝利を記念して彫ったものだそうで、紀元前2世紀の彫刻だとか。

そこを過ぎると、まっすぐな長い階段を上ります。

数えてみたら、80段。

観光には体力が要ります。

65歳以上が半額であろうと、それを待たずに体力があるうちに見ておかないと。。。

ちなみに、アクロポリスは古代のものですが、この階段や壁は、中世に聖ヨハネ騎士団がロードス島を統治していた頃に作られたものだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です