大聖堂を見て、ランチ

大聖堂を見て、ランチ

【2018年12月】北イタリアの世界遺産の町、マントヴァで、サン・ジョルジョ城を見た後、予約していたレストランへ向かいました。

途中、大聖堂があったので、ちょっと覗いてみることに。

ガイドブックによると、ここには11世紀から大聖堂があったそうですが、何度も建て替えられ、現在のデザインの元になっているのは、16世紀のものだそうです。

カラーラの大理石が使われている正面は、1756~1761年にできたもの。

側面は煉瓦造りでした。

大聖堂内のフレスコ画は、16世紀末から17世紀の初めに描かれたものだそうです。

どっしりと壮大で、正直、あまり温かみを感じない大聖堂でしたが、脇の方に入っていくと、趣のあるチャペルがありました。

あまり時間がなかったので、大聖堂はそのくらいにして、レストラン Osteria dell’Oca へ。

最近は携帯に入っているナビでどこへでも行けるので、事前に場所を確かめなかったのですが、それが大間違い。

夫が入力ミスをしたため、マントヴァの旧市街を縦横に歩き回る羽目に陥りました。

おかげで、小さいクリスマス・マーケットや、静かな佇まいの一角を見ることができましたけど。

幸い、このレストランは地に足が着いた素朴な店で、少々の遅れは問題ありませんでした。

入ったらその部屋が即、ダイニングルームになっているシンプルな造り。

メニューは一枚の紙に前菜、メイン、デザートが順不同でずらずら書かれている珍しい形でした。

その中から私達は、前菜に、ハム類とポレンタと、漬物の野菜とラードが含まれる盛り合わせを二人でシェア。

ラードはスプレッドとしてパンに塗ったり、ポレンタと一緒に食べたりするのだそうです。

ちょっと重すぎて、健康によくなさそうでしたが、味は良かったです。

メインには、私はラム、夫はコテキーノ

コテキーノは、これまた重たい大きなソーセージですが、市販されているのより、ずっと軽くて美味しかったそうです。

ワインのチョイスもシンプルで、ブドウ名で選び、カラフェに入って出され、コップで飲みます。

コーヒーは銅の容器で出されました。

しっかりデザートも食べ、食後酒(かなり強いグラッパ系のお酒でした)も振る舞われ、全部で€60ほどと、とてもリーズナブルでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です