ちょっと怖いおばさんの店

ちょっと怖いおばさんの店

【2014年5月】スペインベルメオ漁業の町

観光案内でレストランを尋ねたら、「焼き魚がおいしいよ」と Akelorre という店を紹介されました。

地図を頼りに捜し求めて見つけた店は、雰囲気的には肉体労働者向けの食堂といった感じ。

そしてその仲間と思われるずんぐりしたおばさんが、かなりぶっきらぼうにこの日のメニューの説明をします。

書いたメニューはないのです。

スペイン語(とたぶん、バスク語)しか分からない人だったので、イマイチ意思の疎通がうまくいきません。

「魚は?」と聞くと、「と一言

え、焼き魚は・・?と追求したかったのですが、不可能でした。

で、鱈を食べたのですが、これはこれで美味しかったです。

前菜にはグリーンピースと美味しいハムの炒め物が出てきました。

お皿をさげに来たおばさん、私が完食したのを見て「ほら、美味しかったでしょう」とばかりに、初めて笑顔を見せました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です