グリンザーネ・カヴール城

グリンザーネ・カヴール城

【2012年3月】イタリアピエモンテ州、ランゲ地方にワインを買いに出かけた日、素晴らしいランチの後、近所のお城に上ってみました。

カミッロ・ベンソ・コンテ・ディ・カヴールというイタリア統一の立役者のひとりが1832~1849年にここに村長さんとして住んでいたとのことで、彼に関する資料のほか、当時の台所の様子を示す博物館が入っています。

それだけでなく、この地方の選りすぐりワインのエノテカや、それを飲ませるレストランも。

そして年に一回11月には、世界トリュフ競売が開催されるとのこと。

もらったパンフレットによると、2007年には香港のバイヤーが最高のトリュフを14万3000ユーロで落札したんだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です