カルロ・フェリーチェ劇場

カルロ・フェリーチェ劇場

【2012年3月】今回、ジェノヴァを再訪したのは、この劇場でバレエを見るためでした。

前回、来たときに「ロミオとジュリエット」の公演があることを知ったのです。

でも誰が踊るのか知らなくて、プログラムを買ってはじめてクレムリン・バレエ団だと分かった次第です。

とてもよくできた演出で、衣装も素敵。

もちろん、ダンスもとっても上手でした。

ところでこの劇場は、もともと1828年にオープンした古いものでしたが、1943年、第二次大戦のときに破壊されたそうです。

1991年に建てなおされたため、モダンなつくりです。

面白いのは、客席の両側の壁が、建物の外壁を模したつくりになっていることです。

最初、ジュリエットのバルコニーのセットかしら、と思いましたが、これがここのデザインのようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です