イベリア航空と素敵な空港

イベリア航空と素敵な空港

【2014年3月】英国航空(BA)の切符を買ったんですが、乗った飛行機はBAに買われたイベリア航空でした。

ちょうどお昼時だったのですが、イベリア航空は食べ物が有料なのですよ、格安航空みたいに。

運賃、特に安くなかったんですけど。

窓から雪山が見えたと思ったら、その後は赤茶色の大地が広がっていました。

「ピレネーを越えたら、そこはアフリカだった」と言ったのはナポレオンでしたっけ。

着いたマドリード空港ターミナル4はとてもおしゃれ

木製と見える天井が波打っています。

アントニオ・ラメラという地元の建築家と、英国の建築家リチャード・ロジャースが共同でデザインしたらしいです。

スペインに使えるお金があった頃に建てたんでしょうねー。

調べてみたら、2000年に建て始め、06年にオープンしたんだそうです。

広々としたスペースにあまり人がいなくて、閑散としていました。

ちなみに、帰りはBAの機体でした。

サンドイッチは無料でしたが、BAで気に入らないのは、機内放送が英語だけという傲慢さです。

通常、どこの飛行機も自国語と英語でアナウンスしますよね。

スペイン便だったのだから、ちゃんとスペイン語でも言うべきだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です