イマイチ、郷土色不足だったホテル

イマイチ、郷土色不足だったホテル

【2013年5月】今回、ドイツミュンヘンでは駅の近くのソフィテルに泊まりました。

オンラインで予約したときに見た写真ではチェーン・ホテルの割りに、郷土色が出ているなと思ったから選んだのですが、行ってみたら、やっぱり普通の、見た目重視のチェーン・ホテルでした。

かっこいいデザインではあるのですが、洗面所の使い勝手はよくなかったし、バスルームと寝室の境がすりガラスになっていて、夜中にトイレに行って電気をつけると寝ている人を起こしそうな具合でした。

そして、バスルームの鏡が引き戸になっていて、開けて寝室側にいる人とおしゃべりできる仕組み。

排泄に関する感覚が違うのかなぁと考えたことでした。

朝食が付いていなかったので、念のため聞いてみたら、なんと、一人31ユーロですって。

ちょっと非庶民的なお値段ですよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です