エディンバラでのワーケーションの始まり

エディンバラでのワーケーションの始まり

【2021年5月】スコットランドの首都、エディンバラにやってきました。

私達二人とも、2度目のコロナワクチン接種が終わり、活動開始です。

まだ、国外で行ける所は限られているので、英国内から始めることにしました。

ヒースロー空港ターミナル5の待合室
空港は空いていて、動きはスムーズ

去年の夏、イタリアのサルディニア島でエアビーアンドビーに2週間泊まったワーケーションがとても良かったので、今度はエディンバラのエアビーに、なんと、1か月泊まります。

これは夫の発案。

彼はなぜか、スコットランドがお気に入りで、しばらく住んでみたかったようです。

この季節は日が長いので、仕事の後に町に繰り出すのに好都合ですし。

ヒースローからエディンバラに飛んできました。

フライトは去年の夏以来で、久しぶりでしたが、空港は去年の方が物々しかった気がします。

ヒースロー空港の閉まっていたレストラン
見慣れたレストランが閉店中

今回はターミナル内に入るときのチェックや、体温検査などはなかったです。

けれど、閉まっている店が多く、なんだかターミナルが古ぼけて薄汚れている感じがしました。

ブリティッシュ・エアウェイズのフライトはほぼ満席。

全員マスクはしていますが、機内のソーシャルディスタンスはとられていません。

飛行機の窓から
久しぶりのフライト

ただ、乗る時、降りる時は席の順番で、プライオリティ順ではありませんでした。

着いたエディンバラ空港は、ヒースローに輪をかけて、質素で薄暗いイメージ。

多くの店が閉まっていましたし。

天気は良かったのですけれどね。

ここからはウーバーでエアビーへ。

今回の宿は、エディンバラ城から見て北西にあるカールトンヒルという小高い丘の裏側に位置しています。

2010年の8月に泊まった、ちょっと割高だったB&Bも確か、この辺りでした。

エディンバラは石造りのどっしりした家屋がほとんどですが、我々の宿もそういった建物の中のアパートです。

ビクトリア時代のものだそうです。

エディンバラのエアビーの階段
この階段で3階まで

問題は、1か月分の物が詰まった大きなスーツケースを、3階まで階段で運ぶこと。

私達はもう若くないので、かなりの大仕事となりました。

今度からは、この点を気を付けて宿を選ばなければ・・・

今回のエアビーは、持ち主が長く住んでいた形跡が如実に出ている物の多いアパートで、木の床で天井が高く、味わいがあります。

寝室、居間、ダイニングキッチン、バスルームという間取りに加え、物置にベッドを入れて、もう一人眠れるスペースが作られています。

まるで独房のような空間。

エディンバラのエアビーのキッチン
エアビーのキッチン

幸い私達は2人なので、ここを使う必要はありませんが。

空腹だったので、家主の指図書の中に紹介されていた近所のイタリアン、Vittoriaへ。

タルタルソースが美味しかったカラマリと、この日の特別メニューのロブスター・ラビオリを食べました。

ラビオリの皿にはエビやムール貝も乗っていて味もよく、大正解。

デザートに食べたパンナコッタはかなりこってり系でした。

エディンバラのレストラン、Vittoriaで
美味しかったラビオリ料理

夫は小さいモカとともに出されたアフォガート。

食後酒に私はリモンチェッロ、夫はせっかくスコットラドだから、とスコッチを飲みました。

スコッチはスペイサイドのもので、美味しかったそうですが、ほんのちょっぴりで£6(930円余り)。

エディンバラのVittoriaレストランのデザート
小さいモカが可愛かったアフォガート

うかつには飲めません。。。

この食事は全部で£100超(16000円弱)と想定外の出費となりましたが、美味しかったので良いことにしましょう。

スーパーに寄って必需品を購入して帰ってきました。

これから1か月住むうちに、印象がどう変わっていくのか、興味津々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です