クリスマス・セーター

クリスマス・セーター

【2014年12月】ちょっと前までダサさの代名詞だったクリスマス・セーター

サンタやトナカイ、雪柄などが全面に大きく描かれている派手なセーターがここ数年、人気です。

2011年にアマゾンのクリスマス・セーターの売り上げが前年比600%増となったという話ですから、それ以来のことなのでしょう。

貧しい子供を救う慈善団体Save the Children はここ3年、クリスマス・ジャンパー・デーを定めて、募金運動をしています。

この写真のセーターは、中でも究極の一枚

何でも過去5年ほど、お母さんが毎年、一枚編んでいるのだそうです。

立体的でとても凝っています。

うまく撮れなくて残念でしたが、背中にはトナカイのお尻が描かれていて、ポケットから糞が出てくる仕掛け。

お父さんのアイデアなんだそうです。

彼がこれを着てきたのは、クリスマス・ディナー。

ロンドンにあるサルディニア料理のレストラン Sapori Sardi でボッタルガ・スパゲティなどを堪能しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です