ゴージャスなレストラン

ゴージャスなレストラン

【2016年1月】この日のお昼は、リオデジャネイロの由緒あるレストラン、コンフェイタリア・コロンボで食べました。

1894年に創設された大きなレストランで、一階にある巨大な鏡が印象的。

鏡のせいで、店が一段と大きく感じられます。

この鏡はベルギー製、ステンドグラスはフランス製、タイルはポルトガル製だそうです。

100年前には町の上流階級の人々がここに集まり、政治的な陰謀やゴシップで盛り上がったとか。

アーティストや知識人のたまり場でもあったようです。

今では、観光地の一つらしく、ツーリストで賑わっていました。

一階がカフェ、二階がレストラン。

私達はエレベーターで二階に行き、七面鳥のオレンジソースかけを食べました。

ソースにリコリスが入っていたようで、ちょっと癖のある味でした。

でも本当は、一階で甘いものを食べるのが良いのようです。

万が一、もう一度行く機会があったら、是非、伝説のワッフルを食べたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です