スタッファ島の摩訶不思議な光景

スタッファ島の摩訶不思議な光景

【2010年8月】スコットランド西部のオーバンで迎えた2日目の朝は、前の晩と打って変わって大雨。

マル島の空
マル島、雨から晴天へ

この日は早朝から出発です。

レインコートとレインズボン(っていうかな?)で重装備をして、フェリーに乗り込みました。

マル島へ向かいます。

地図を見ると明らかですが、スコットランド西部のこの辺りは地形が入り組んでいて、島がたくさんあります。

これをヘブリディーズ諸島といいますが、そのうち、本土に近い島々がインナー・ヘブリディーズで、マル島はその中で2番目に大きい島です。

お城もあるようですが、ここは観光地というより、自然の中で疲れた心を休めるタイプのホリデー・デスティネーション。

島の西側からは、ホエールウォッチングのボートトリップが出ているそうです。

けれど私達は島の東に着いて、そのまま西へと走り抜けただけでした。

すると、雲がだんだん薄れ、真っ青な空に変わりました。

スタッファ島へ観光客を運ぶ船
スタッファ島へはこの船で40分

スコットランドは天気の移り気が激しいのでも有名です。

マル島の西の小さい港から、オプショナルツアーで、無人島のスタッファ島へ。

この船は、漁船に毛が生えた程度の小型船でしたが、これに80人ほどもが乗り込みました。

私は車酔いには強いほうですが、船酔いはします。

酔わないように遠くを眺めて、じっと我慢の40分でしたが、その甲斐はありました!

六角形の石柱が連なってできたスタッファ島は、摩訶不思議な光景。

六角形の石柱でできたスタッファ島
スタッファ島の石柱

北アイルランドにあるジャイアント・コーズウェイという所が、これに似た地形で、写真で見て一度行ってみたいと思っていたのでした。

思いがけず、ここで満喫できました。

しかも、ありがたいことに、天気が崩れることなく、晴天が続き、写真を山ほど撮りました。

レインコートとレインズボンを脱ぎ、Tシャツで過ごせるほどに気温も上昇。

気持ちが良いことこの上ありません。

スタッファ島のフィンガルの洞窟
海水が流れ込むフィンガルの洞窟

ガイドブックによると、メンデルスゾーンの有名な序曲、「フィンガルの洞窟」はこのスタッファ島の洞窟のことだそうです。

メンデルスゾーンは1829年にここに来たそうです。

フィンガルの洞窟と思われる洞窟に私達も足を踏み入れました。

無数の石柱に囲まれた狭い洞窟に海水が流れ込んでいるところで、ほかに観光客がいなければ、厳かに感じられたかもしれません。

メンデルスゾーンは、悪天候の中、ここに来たといいますから尚の事、凄みがあったに違いありません。

スタッファ島の丘の上からの眺めも素晴らしかったです。

この島は、今回の旅行のハイライトの一つとして心に残りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です