ストーンヘイブンの町と、帰りの災難

ストーンヘイブンの町と、帰りの災難
ダノター城を振り返る
振り返って撮ったダノター城

【2021年6月】スコットランドのアバディーンシャー南部の景勝地、ダノター城からストーンヘイブンの町に向かって海岸線を歩きました。

結構、上り下りがありましたが、何しろ眺めがよく、良い散歩になりました。

何度も振り返って、ダノター城の写真も撮りましたし。

途中、丘の上に遺跡のようなものが。

世界大戦の記念碑
丘の上の記念碑

これは二度の世界大戦の犠牲者を追悼するための記念碑で、わざと遺跡っぽく作っているのだそうです。

そこまで登ったら、景色が一段と良かったでしょうが、そこまで元気がなかったので私達は上ることなく先へ進みました。

30~40分も歩いたでしょうか、葉っぱの隙間から眼下に港が見えてきました。

ここがストーンヘイブンです。

ストーンヘイブンの町
とがった屋根の家々が連なるストーンヘイブン

港の景色もさることながら、内陸に家が建て込んでいる様子も絵になりました。

港の方へ降りていくと、大勢の人でにぎわっています。

やっぱり好天の週末ですから、町中の人々が外に出てきているのでしょう。

タクシーの運転手に推薦されたパブやアイスクリーム屋もすぐわかりましたが、行列ができていました。

ストーンヘイブンの港に停泊する船
港につながれた漁船

港の塀は、隙間なく人々で埋まっている状態。

なので、ここで一服するのは諦めて、狭い路地を通って反対側の湾に出てみました。

するとこちら側は、店が全くないせいで、閑散。

カモメたちがわが物顔に海を占領していました。

ベンチに腰かけて休んだ後、のどが渇いていたので、カフェかパブを求めて内陸へ。

ストーンヘイブン駅のプラットフォーム
ストーンヘイブンからは予定通りの列車に乗車

マーケット・スクエアという町の中心らしい広場のパブに入ってみましたが、予約でいっぱいで断られました。

あきらめて、すごすご駅に向かうことに。

途中、Belvedere Hotel に行き当たり、そこのパブには入れたので、ビールで一息つきました。

だいぶ歩いた後でしたから、ビールがこの上なく美味しく感じられたのは言うまでもありません。

少し元気を取り戻し、予定通り、18:36発の列車に乗り込みました。

本当に疲れていたようで、すぐにぐっすり。

ダンディー駅のプラットフォーム
ダンディー駅で次の列車待ち

ところが、ストーンヘイブンからエディンバラのちょうど半分に当たるダンディーの駅で、列車が立ち往生してしまいました。

何かと思ったら、この日にあった人身事故のせいで、ここから先を担当している運転手が現れないのだといいます。

しばらく待った末、結局、この列車はキャンセルするとアナウンスがありました。

仕方なく、ダンディーのプラットフォームで次の便を待つことに。

夕暮れのエディンバラ駅
午後10時ごろのエディンバラ駅

やっと20:29発の列車が到着して乗りましたが、やっぱり運転手が遅れているという理由で、さらに10分の遅延。

列車2台分の乗客が1台に乗ったわけですから、かなり混んでいました。

結局、当初の予定より、丸一時間遅れてエディンバラに到着。

この時期、日が長く、まだ明るいのが救いでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です