ダートムーア国立公園の凄みのある風景

ダートムーア国立公園の凄みのある風景
イングランド デヴォン州 ダートムーア国立公園 ウィドカム・イン・ザ・ムーア セント・パンクラス教会 塔 空
セント・パンクラス教会の塔

【2019年8月】イングランド南西部デヴォン州にあるダートムーア国立公園の中のウィドカム・イン・ザ・ムーアは、石造りの家々が並ぶ可愛らしい町です。

この中心にあるのが、セント・パンクラス教会です。

小さな町の教会にしては立派な教会で、中には、7人の酔っ払い男が一頭の馬に乗って、馬を死なせてしまったという言い伝えを表した置物があります。

4年前にも訪れたこの教会を見学した後、知り合いが予約しておいてくれたCafe in the Green という半セルフサービスの店でみんなでランチ。

イングランド デヴォン州 ダートムーア国立公園 ウィドカム・イン・ザ・ムーア セント・パンクラス教会 墓地 景色
ウィドカム・イン・ザ・ムーア付近ののどかな風景

ハムとチーズがバゲットに挟まったサンドイッチを食べたのですが、このチーズがずっしり重くて、腹持ちが良いことこの上ありませんでした。

食後、また車を連ねて、今度はメリヴェールという地区を目指しました。

ここへの道が細くて、単一車線の道が大半を占めています。

対向車がある度に、少し道幅があるところへどちらかが引き返し、待つことになります。

週末のこの日、交通量がかなり多く、こんな人気のない田舎なのに、そこここで渋滞が起こっていました。

そして、それまできれいに晴れていたのに、やっと着いた時には天気が急転。

イングランド デヴォン州 ダートムーア国立公園 メリヴェール 空 雲 野原
謎を秘めたメリヴェールの大きな空

土砂降りの雨となりました。

傘を差してもびっしょり濡れた横殴りの雨です。

濡れながら見たのは、まず、Stone Row(石の列)

ストーンサークルというのはよく見られますが、これは石が2列になってずらっと並んでいるものです。

青銅器時代の半ば(紀元前2500~1000年)のものだと考えられているそうです。

端っこには石塚があり、重要な人が埋葬されていたのではないかとのこと。

イングランド デヴォン州 ダートムーア国立公園 メリヴェール 石柱
3メートルあるという石柱

ダートムーア内に、こういった 石の列が少なくとも70あるのだそうです。

大雨のせいで、カメラを取り出せず、写真が撮れなかったのが非常に残念。

ここから少し移動したところには、小さいストーンサークルがありました。

直径は18メートルぐらいだそうです。

石の一つ一つは小さいのですが、これは長年の間に地面に埋まってしまったためで、実は人の背丈ぐらいある岩なのだとか。

サークルの真ん中に立つと、コンパスがぶれる」という言い伝えがあるそうですが、仲間の一人が携帯電話に付いているコンパスで試してみましたが、それは起こらず、ちょっと残念。

このサークルの真南には、すくっと石柱が一本立っています。

高さは3メートルほどだそうです。

何のために、というのは謎ですが、少なくとも、この辺りが当時の人にとって霊的に重要だったのは確かでしょう。

謎を深めるかのように、黒雲が垂れ込め、凄みのある風景が見られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です