チャウシェスク

チャウシェスク

【2014年4月】ルーマニアブカレストにあるこの議事堂宮殿は、米国のペンタゴンに次いで、世界で二番目に大きい建物だと言われています。

1984年に当時の大統領、チャウシェスクによって建てられましたが、今もまだ完成はしていないそうです。

9年前に来たときに中に入りましたが、シャンデリアが何トン、絨毯の大きさが何平方メートルというような規模の大きさが強調されるばかりで、特に美しかったという覚えはありません。

現在は上院に当たる元老院が入っているそうです。

ところでこのチャウシェスクですが、友達によると、実権を握っていたのは奥さんのエレナだったとのこと。

1989年に全世界の人が見る前で射殺されましたが、これがでっち上げだったという一説もあるんだそうです。

「テレビの番組で特集していて、墓を掘ったら死体が消えていたんですって。

中国でのうのうと暮らしているらしいのよ」と友達が言っていました。

墓から死体消失だなんて、ドラキュラみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です