トリニダからアンコン・ビーチへ

トリニダからアンコン・ビーチへ

【2010年3月】キューバのトリニダでの二日目の朝は、旅行会社の人と会うことが決まっていました。

キューバのトリニダの通りに停まっていたクラシックカーと生活する人々
町が目覚め、人々の生活が感じられた朝

約束通り、朝9時半にカルロスという人とホテルで会いました。

地元民らしく、明るく軽いノリの人。

夫の名前がスペイン語で語感が良いらしく、名前を苗字付きで呼び続けるのが可笑しかったです。

こういう人に直接、情報を得るとやはり物事は速く進むし、いろんなことが可能になります。

細かい話ですが、サンクリームをどこで買えるとか、サルサ教室の場所とか。

翌日のツアーの予約もしました。

誰もいないキューバ南部のアンコン・ビーチ
着いた時には雲が。

この朝は一歩外に出てびっくり。

前日は眠っていた町が目覚めたようで、人があふれていました。

カルロスには、ここから近いビーチへの行き方も習ったので、着替えて、11時のビーチへのシャトルバスに乗り込みました。

思ったよりも遠く、満員バスに揺られ、少なくとも30分ぐらいかかったと思います。

そして生まれて初めてカリブ海にご対面。

ここはPlaya Anconというキューバの島南部では最高だというビーチです。

キューバ南部のアンコン・ビーチのデッキチェアとパラソル
晴れると海の色が一段ときれい

着いた時には曇っていたので、最初はそれほどでもなかったですが、わざわざやってきた私達のために、だんだん晴れてきたら、海はやっぱりきれい。

青緑の色が素晴らしかったです。

まあ、夫に言わせると、イタリアのサルディニアも劣らないそうですが(この時点で私はサルディニアは未踏でした)。

入ってみたら、水は全然冷たくなく、しばし水浴びを楽しみました。

キューバ南部のアンコン・ビーチの桟橋の残骸にとまる鳥
鳥もビーチを楽しむ

桟橋の残骸のような所に、かなり大きな鳥がとまっていたりして、野性味があります。

こんなにすばらしいところなのに、人がまばらで、全く混んでいないのも嬉しいことです。

バスは満員でしたが、ビーチは4キロほども続く広々としたところなのです。

浜辺の海の家風のカフェでランチ。

キューバ南部のアンコン・ビーチの海の家にいた緑色のトカゲ
海の家のトカゲ

色のきれいなトカゲがいました。

ここで食べたロブスターの身がぷりぷり引き締まっていておいしかったです。

隣のテーブルにたまたまイタリア人のカップルが来て、けっこう長くおしゃべりしました。

すでに三週間キューバにいるというトスカーナ地方の人たちで、真っ黒に日焼けし、しかも巨体。

キューバ南部のアンコン・ビーチの海の家で食べたランチ
この日のランチ

労働状況の比較やら、宗教観やら、かなり深い話をしたのでしたが、名前も聞きませんでした。

2017年に退職してオーストラリアに行くのが夢だと言っていましたが、夢は叶ったかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です