トルファンの夜のストリートフードと、星空ツアー

トルファンの夜のストリートフードと、星空ツアー

【1996年9月】中国トルファンでは、ホテル探しの時に乗ったロバ車の御者がやっていた星空ツアーに参加することにしました。

出発は午後9時です。

中国 トルファン ストリートフード 市場 地元の人々 賑わい
地元民で混み合う食べ物市場

それまでに時間があったので、8時前に外に出てみたら、ストリートフードの夜市ができていました。

昼間に食べられなかったシシケバブをここで堪能。

1本2元(当時、1元=約13円)です。

これは噂通りのおいしさ。

この市場を歩き回り、魚のフライの串刺し(1元)も試してみましたが、これもなかなかいけます。

ここは活気があって、なかなか楽しい雰囲気です。

地元の人も夕食はここですませる人が多いようで、出ているテーブルも人々で賑わっていました。

さて、星空ツアーが始まりました。

この御者は日本語を勉強中で、日本語の先生から「山本一夫」と名付けられたといいます。

中国 トルファン ストリートフード 夜市 ごった煮 秤
あらゆるモノのごった煮を量り売り

そのせいで、客は皆、日本人。

女の子2人と若者が1人。

街頭のない暗い夜道をガタンゴトンとゆっくり進むのですが、女の子たちが「まるで、ドナドナの世界だね」と言っていました。

電気の付いた民家を覗き覗き行きましたが、多くの人々がベッドを戸外に出していました。

御者の「山本さん」が言うには、目的地は「病院砂漠」

なかなかたどり着かなかったのですが、その間、この山本さんが日本語でしゃべりまくります。

この仕事を6年していて、今、20歳だと言います。

14歳の時から始めたということでしょうか。

日本人のお嫁さんが欲しいのだそうです。

そして「お金がないから誰も来ないのかと思って、お金を貯めている」とか「毎日、日本人を案内するけど、みんな、すぐ去っていく」とか、一生懸命、話していました。

中国 トルファン ストリートフード 市場 料理人
ストリートフードの料理人

道中、星空がきれいに見えていましたが、11時半ごろ砂漠にようやく着いた時には少し雲が出ていました。

真っ暗なので、周りの地形はよくわかりませんでしたが、とにかく何もない場所に毛布を敷き、そこでしばらく空を見上げました。

流れ星を見つける度に、人々が声を上げます。

私は見逃してばかり。

流れ星を見た数が、将来持つ子供の数だと「山本さん」。

なるほどねえ、と思っていたら、帰りに一つだけ、生まれて初めて流れ星を見ました。

願をかける暇もありません。

途中で「山本さん」だけ一人でぐうぐう眠っていたのがおかしかったです。

というわけで、面白い体験イベントでしたが、トルファンの町に帰り着いたのは午前3時

なんと、ホテルの門が閉ざされていました。

見張り役らしい人は、星空の下、門内に置いてあるベッドでぐっすり眠っています。

仕方なく、私達は門をよじ登って乗り越えました。

建物自体のドアは鍵がかかっていなくて、ほっ。

次の難関は部屋のドアでしたが、係の人を起こして開けてもらいました。

この人が嫌な顔をするどころか、笑顔を見せたので驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です