ニダへ

ニダへ

【2014年9月】南北に続く細長いクルシュー砂州のリトアニア側の南端にある街がニダです。

もう少し南へ下ると、ロシアになります。

ニダはかつてはドイツのプロイセンだったところで、今もドイツ人ツーリストが多いところだそうです。

スミルティネからバスで一時間ほど、着いたのがお昼時だったので、まずは30分ほどで軽く食べようとバス停の近くの店に入りました。

ところが、ここのサービスがとんでもなく遅いのです。

給仕一人、キッチン一人だけの店だったようで、天気の良いこの週末の日、訪れた人数にうまく対応できなかった様子。

よーぅやく出てきたのが、黒パンを揚げたのに、みじん切りのガーリックが乗っている素朴なスナック

初めて食べましたが、ビールに合って美味しかったです。

ガーリックがかなり強烈で後に残りましたけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です