パキスタン入り

パキスタン入り

中国 タシュクルガン 山 通り 朝日
朝日に当たるタシュクルガンの山

【1996年9月】中国の国境の村、タシュクルガンに一泊した翌日、バスの出発時間の午前9時に、荷物を乗せたまま、姿を消しました。

長いこと待っている間に、前日は見なかったバックパッカー達が増えたのでびっくり。

もう一本、カシュガルからバスが出た模様です。

おそらく整備をしていたと思われるバスがやっと戻ってきて出発。

タシュクルガン辺りにはタジク人が多いという話で、美しい帽子を被った顔立ちのきれいな女性達を見かけました。

手の込んだ刺繍が施された黒い円筒形のもので、その上からスカーフを被っています。

中国 タシュクルガン 女性 タジク人 サイクリング
帽子が特徴のタジク人の女性

一つ欲しかったのですが、タシュクルガンは土産物屋があるような村ではありませんでした

さて、出発して間もなく検問所。

先にカシュガルでも見かけた23人の日本人団体がいました。

普通、団体客のパスポートにはスタンプを押さないのに、客がスタンプを欲しがるので、添乗員が係員にシールなどの小物をプレゼントして頼み込んでいました。

添乗員とは大変な仕事です。

このせいで、私達もかなり待たされました。

よくやくバスの乗り込んでみたら、乗客がかなり減っています。

検問に引っかかった主にウイグル人がたくさんいたためです。

パキスタン クンジュラブ峠付近 囲い
クンジュラブ峠を超えた辺りの景色

人が減った代わりに、車内に荷物は増えました。

パキスタン人が運んでいる荷物で、例えば、毛布が58枚。

さらに、魔法瓶が入っているらしい段ボールが山ほど積み込まれ、バスの窓ガラスを割りました。

弁償するのでしょうか、それとも、このままガラス無しで走り続けるのでしょうか・・・。

ところで、やむを得ず使った検問所のトイレは、もうタイヘン。

斜めに掘られた穴に汚物が満載されていたりします。

覚悟が必要です。

さて、標高4700メートルのクンジュラブ峠に差し掛かりました。

峠ではさすがに停まってくれるかと期待していましたが、やはり、路線バスはズンズン過ぎて行きました。

パキスタン ススト近辺 渓谷 灰色 川
灰色の山と川の景色

中国側は牧草地で、ヤクらしい動物も見かけましたが、片面に中国、片面にパキスタンとある標識と「左側通行」というサインがあるポイントを過ぎると、草が減り、ごつごつした黒っぽい岩山の景色になりました。

中国では、車は右側通行でしたが、パキスタンは昔、英国の植民地だったため、左側通行なのです。

下りは坂が急です。

川の水の色が灰色になりました。

パキスタン側の検問所で少し停まったので、写真を撮りました。

ようやく、終点のスストに着きましたが、時計の針を3時間戻したりしたので、何時間バスに揺られたのか定かではありません。

そこからタクシーで、クンジュラブ・ビューホテルへ。

バンガロー形式の宿で、一泊400ルピー(当時、1ルピー=約3円)と中国よりだいぶ安かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です