ブラジルの象徴

ブラジルの象徴

【2016年1月】リオデジャネイロで最初に行ったのは、ブラジルの象徴とも言われる大きなキリスト像があるコルコバードの丘です。

700メートルある丘で、真っ赤な登山電車で行きます。

途中で、木にへばりついた大きな実を見ました。

ジャックフルーツだそうです。

キリスト像は思っていたより、幅が広くて平べったい感じでした。

これは1931年、ブラジルの独立100周年を記念して、9年かけて作られたそうです。

高さが40メートル近く、幅は約30メートル。

像の中に小さいチャペルがありましたが、これは2006年に作られたものだとか。

丘の上は大変な混雑

函館の夜景を見に行ったときを思い出しました。

夜景を撮ったときもそうでしたが、辛抱強く、じりじりと前へ進み、景色を独り占めできるポジションを獲得。

待った甲斐のある素晴らしい眺めでした。

キリスト像の付近では、家族や友達に、像と同じポーズをさせて、寝そべって撮っている人が目に付きました。

これまで自らの写真は一切撮っていなかったツアー同行のカップルも、ここでは記念写真を撮っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です