プエルト・デ・ラ・クルスで年を越す

プエルト・デ・ラ・クルスで年を越す

【2018年12月】大晦日の晩は、スペインのテネリフェ島北部の町、プエルト・デ・ラ・クルスで予約してあったレストラン、Nada Mas へ。

大晦日のディナーはどこもメニューが決まっていて、しかも高いので、あれこれ悩んだのですが、前の日にたまたま行き当たったここのメニューが良さそうだったので、ここにしたのでした。

町の中心にあるレストランで、屋外にテーブルを並べ、ストーブを置いた作りだったのですが、ちゃんと仕切られていたため、落ち着けました。

行ってみてわかったのは、ここがプエルト・デ・ラ・クルス周辺に住むイタリア人のたまり場的なところだということ。

端っこの大きなテーブルには、このレストランの関係者の家族が陣取っていました。

ウエイター達はイタリア人で、皆感じが良く、良い時間が過ごせました。

7コースあったメニューは、いずれもシーフード。

馴染みのあるイタリア料理で、全て文句なく美味しかったです。

給仕のスピードはゆっくりなのですが、料理がたっぷりあるので、全部食べきれなかったほど。

ワインも飲み放題で、どんどんついでくれました。

これで一人€60は、全然、ぼったくりではなく、納得のいくお値段でした。

深夜12時が近づいて、ようやくお開きになりました。

私達は、ステージが設えてある町の中心広場、Plaza del Charco に行ってみました。

音楽は誰でも楽しめる無難なポップスで、広場中を埋め尽くした人々が皆、身体をゆすっていました。

この状況、前にもあったな、と思い返してみたら、7年前にポルトガルの小さい町、ベ―ジャで過ごした年越しでした

ただ、プエルト・デ・ラ・クルスではツーリストも多く混じって踊っていたのが異なる点。

12時になると、花火が上がったのも同じでしたが、プエルト・デ・ラ・クルスの花火の方がやや立派でした。

イベントは花火で終わり、その後、人々が三々五々帰途についていました。

タクシーが見つからないので、宿まで歩いて帰ってきました。

今年も良い一年になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です