ベルゲンの町歩き

ベルゲンの町歩き

【2009年8月】09年夏にベルゲンに行ったときの話を続けます(2020年の今年は新型コロナの影響で旅行が限られた関係で、過去の旅行を振り返っているところです)。

ノルウェー ベルゲン ローゼンクランツ塔 港 船
港に面したローゼンクランツ塔

最終日の3日目は、幸運にも良い天気。

ベルゲン市内を散歩しました。

最初に訪れたのは、ホテルの近所にあったローゼンクランツ塔です。

ここでもらった日本語の説明書によると、ベルゲン領主エリーク・ローゼンクランツが1560年代に、要塞と住居を兼ねて建造したものだとのこと。

ノルウェー ベルゲン ローゼンクランツ塔 顔の彫刻
中に並ぶ顔の彫刻

それ以前の1270年頃の小さい要塞も敷地に含まれるそうです。

ローゼンクランツさんは、塔の建設にスコットランドの大工を使ったそうで、そのため作りがスコットランド風なんだとか。

中は、壁にあった顔の彫刻が面白かったぐらいで、あっさりしていましたが、屋上に上ると眺めが素晴らしかったです。

ノルウェー ベルゲン ローゼンクランツ塔 屋上からの眺め 家々
塔の屋上からの良い眺め

ちなみにネット情報によると、私達が行った後の2015年、嵐のせいで、てっぺんの尖塔が崩れ落ちたのだそうです。

修復されたようですが。

ここから下りて写真を撮りながら港付近を進み、ベルゲン観光の目玉であるブリッゲン地区へ。

中世から18世紀に至るまでの木造の倉庫街で、世界遺産に指定されています。

何度も焼けては修復されているらしいですが。

ノルウェー ベルゲン ブリッゲン地区 元倉庫 木造 窓 空
ブリッゲン地区の元倉庫街

ちょっと傾いだ色とりどりの建物がかわいく、絵になります。

けれど、規模は思っていたより、とても小さかったです。

ノルウェー ベルゲン ブリッゲン地区 階段
裏側の階段

裏に回ると、細い路地に危なげな木製の階段があったり、出っ張った窓があったりと面白みがありました。

昔はこの建物の中に、魚や穀物が入れられたそうですが、現在は、主に土産物屋やレストランが入っている観光街で、私達が前日に行ったレストランもこの一角にありました。

土産物店の中で目を引いたのは、鹿の一種であるエルクの皮製品の店

ノルウェー ベルゲン ブリッゲン地区 エルク 頭
エルク皮製品の店の看板

皮がびっくりするほど柔らかでした。

そして、お値段もびっくりするほど高く、とても手が届きませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です