ポルトガルの交通事情

ポルトガルの交通事情

【2011年12月】ポルトガルアレンテージョ地方のかわいい村、モンサラスに行くためには必ずReguengos de Monsaraz という町を通ります。

地元の人はこの町の名を、喉の奥から空気を搾り出すような音をたてて発音します。

とても真似できません。

ポルトガルの田舎町に行くのにバスを利用しましたが、本数が少なくて閉口しました。

例えば、モンサラスから、このReguengosへは日に3本しかありません

ほんの20㌔ほどの距離なのですが。

バスを利用するのは高齢者ばかりのようで、おばあさん達のおしゃべりが途切れなく聞こえていました。

幸い、ポルトガルではタクシーが割かし安価だったので、バスを待ちきれないときにはタクシーを利用しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です