モンツァの王宮

モンツァの王宮

【2015年1月】北イタリアの町、モンツァには王宮があります

ずーっと修復工事をしていて入れませんでしたが、最近、一部オープンして見学できるようになりました。

勝手には入れず、案内付です。

この宮殿は、モンツァがオーストリア帝国の支配下にあった1777年に建てられました。

そのせいか、イタリアの宮殿にしては、あっさりしています。

1861年以降はサヴォイア王家の宮殿となり、ウンベルト1世とマルゲリータ女王が住んだとのこと。

当時の建物としては革新的で、お湯と冷水の蛇口があり、電気が通っていたそうです。

ウンベルト王の箪笥には階下へ続く階段があり、愛人に会いに行っていたとか。

この王様は1900年に、スポーツイベントで暗殺され、この宮殿に運び込まれたそうで、そのベッドというのも見ました。

写真が厳禁だったのが残念です。

外に出たら、もう真っ暗。

宮殿がピンク色にライトアップされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です