リスボン最後の食事と、今回のホテルについて

リスボン最後の食事と、今回のホテルについて

【2019年2月】今回のポルトガルのリスボンでの最後の食事は、シントラへのツアーの際のガイドが推薦した、Marisqueira do Lis というシーフード屋にしようと思っていました。

ところが、店の前まで行ったら、閉まっていたのです。

開店時間をチェックしたら、何と、火曜日が定休。

その日は火曜日だったのです。

代替案を考えていなかったので、そのあたりで携帯でネットを調べたりして、しばらく立ち止まっていました。

すると、乞食が寄ってきて、非常に攻撃的な態度でしつこく迫ってきます。

少し酔っ払っている風でもありました。

これはまずい、と思い、さっとかわして、たまたま通ったタクシーに乗り、難を逃れました。

この通りは、Avenida Almirante Reis という名前の大きな通りで、私達の今回のホテルもこの通りに面していました

ツアー・ガイドによると、この辺りは中国人やインド人の移民が多い地域で、6年ぐらい前まで、リスボンはおろか、ポルトガル全体で一番、危険なところだったのだそうです

ホテルに着いた時から、市の中心から離れていて、ちょっとうらぶれた雰囲気だなあ、とは思っていたのですが、この時までは何も危険な目には合わなかったので、油断していました。

そのガイドは「ここ数年で、ホテルが建ち並ぶ再開発地区として発展した」と言っていたのですが、やはり、6年前の名残もあったようです。

さて、乗ったタクシーの運転手に美味しいシーフード屋を紹介してもらったところ、「最近、改装したここが良い」と言って、やはり同じ通りの先のほうにあるMarisqueira Sereia do Mar という店に連れて行ってくれました

とてもローカル色の強い店で、英語を話さないおじさんが一人できりもりしていました。

地元民がふらっとビールを一杯飲みに来るような店です。

ここで私達はカニを一杯食べました。

シンプルに茹でたカニで、酢醤油も何もなく、そのままカニの味を楽しみました。

殻を割るために、いろいろな小道具が出され、その中には槌も。

ミソについては、他の物を加えて料理してありました。

けっこうなボリューム。

前菜は勝手に出てきたハムとチーズでした。

ポルトガルでは前菜は、勝手に出てくるのがしきたりです。

もちろん、食べなくても良いのですが。

ワインはアレンテージョの白ワインで、これがなかなか美味しかったです。

この店は自分ではデザートは作っていないようで、既製品のデザートを食べ、全部で€80(約1万円)弱でした。

そこからホテルまでは目と鼻の先だったので、歩いて戻りました。

ちなみに今回のホテルは、航空会社のサイトを使って予約した、Travel Park という名前からして安そうな三ツ星。

けれど、部屋は広く、ダンスができそうな空間があったし、かなり大きいベランダも付いていました。

朝食の内容も高水準。

ちょっと寝ぼけたようなレセプションの男性も、実は良い人だったし、朝食部屋のスタッフも感じ良かったです。

ただ、その大きな通りに面していたので、ちょっとうるさかったのが難点でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です