ルーでの3日目はのんびり過ごす

ルーでの3日目はのんびり過ごす

【2020年7月】イングランド南西部のコーンウォール州にある海辺の町、ルーでの三日目、朝食にパンケーキを頼んでおいたら、5段重ねのゴージャスなのが出てきてびっくり。

間にバナナやイチゴなどが挟んであり、クリームもたっぷり。

写真を撮らなかったのが悔やまれます。

シンプルなぺろんとしたパンケーキを想像していたので注文したのでしたが、朝からこんなには食べられず、申し訳なかったけれど、少し残しました。

イングランド コーンウォール州 ルー ビーチ 空
まだ人が少なかったビーチの風景

その後、町なかでパンケーキの絵がある看板を見たら、やはりこのようにゴージャスだったので、これはルーでの常識らしかったです。

前日、足に水膨れができるぐらい歩いたので、この日はのんびり過ごすことにしました。

町のビーチ、イースト・ルー・ビーチに行って、岩場に腰かけ、ぼうっと人々を観察。

ちっちゃい子供が多くて、見ていて楽しいほか、巨大腹のおじさんたちもいます。

ビキニ姿で海の中に入っていった若者グループも。

イングランド コーンウォール州 ルー 海 若者
たくましい若者たち

私達は水温を試しもしなかったのでわかりませんが、気温が20度そこそこなので、水温が高いはずもなく、きっと若者の皆さん鳥肌が立っていたに違いありません。

海に向かってバルコニーのあるアパートが見え、「ああいうところを借りて、数週間過ごすのもいいかも」と話しました。

コロナによるロックダウンで在宅勤務が普通になった今年ですが、在宅勤務というのは、自宅でなくても良いわけですからね。

しばらくして、丘に登り宿の人に教わった散歩道を歩きました。

けれど途中で道を間違えたらしく、少し行くと別の岩場の海辺に出ました。

こちらのビーチの方が人が少なかったです。

イングランド コーンウォール州 ルー プレイディー・ビーチ 岩 空
プレイディー・ビーチ

あとで調べたら、プレイディーというビーチだったようです。

このあたりには、お金持ちの別荘といった風情の新しめの家々が並んでいました。

イングランド コーンウォール州 ルー プレイディー 大砲 庭
庭に大砲

その一軒には、なぜか大砲も。

こちらのビーチでものんびり過ごして、元来た道を戻りました。

この散歩道には木陰があって気持ちよかったです。

何か月も家の中に閉じこもっていた後、前日から太陽の下を歩き回り、特に夫は肌が真っ赤。

薬局でアフターサンローションなどを買って宿で塗りたくりました。

そして、午後5時には予約してあった Old Sail Loft というレストランへ。

イングランド コーンウォール州 ルー レストラン Old Sail Loft 内装
Old Sail Loft の中の様子

夕食には早いですが、この時間しか空いていなかったのです。

名前の通り、屋根裏部屋でしたが、かなり広々としています。

ただ、テーブル間の距離は、あまり広くありません。

入ってすぐの頃は人もまばらで安全な感じでしたが、その後、満席に。

ウエイトレスはマスクをしていましたが、コロナ対策はそれだけのようでした。

私も夫もホタテ貝の前菜。

これは、なかなか美味しかったです。

続いて、2人前のシーフード・プラッターを頼みました。

イングランド コーンウォール州 ルー レストラン Old Sail Loft シーフード・プラッター
二人前のシーフード・プラッター

オーダーするときに夫が「生なの?」と聞き、ウエイトレスが「そうです」と答えたくせに、全部、火が通っているか、もしくは燻製でした。

とてもイギリスらしいシーフード・プラッター

シラスのから揚げや、エビは美味しかったですが、せっかくカニみそがパンに塗ってあるのに、その上にチーズを乗せて焼いてあるものだから、チーズの味が勝っちゃって、カニみそが味わえず。

英国の料理もウン十年前よりはずっと改善していますが、やっぱりイタリアやフランスなどに比べると、まだまだだなあ、と感じました。

もっとも、国民性という言葉には、味の好みも含まれるのでしょうから、仕方ないのかもしれません。

凝ったものは頼まないほうがいいと思って、デザートはアイスクリーム。

私はバニラと塩キャラメル、夫はバニラとシャーベット。

ワイン一本を含めて、全部で£91ほど(約12500円)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です