列車で行ったペルージャで、美味しい夕食

列車で行ったペルージャで、美味しい夕食

【2019年8月】イタリアのミラノから列車でウンブリア州のペルージャへ行きました。

イタリア ウンブリア州 ペルージャ ローカル線 駅
ローカル線で着いたペルージャ

フィレンツェまでは特急のフレッチャロッサで、1時間40分で着いたのですが、そこからはローカル線(それでも急行ではあったようですが)で2時間10分ほどかけてペルージャへ。

途中、トラジメーノ湖の脇を通りましたが、その他の景色はあまりぱっとせず、眠ったり目覚めたりしながら、やっと着いたペルージャは雨。

今回の小旅行はウンブリア州に焦点を当てたのですが、ペルージャに限らず、どこも旧市街は丘の上にありました。

駅からはタクシーで、どんどん上り、La Rosetta というホテルに着きました。

イタリア ウンブリア州 ペルージャ ホテル La Rosetta ベッドルーム
ホテルの部屋

立地条件が最高で、建物自体も歴史がありそうなホテルです。

もっとも、ホテルとなったのは1922年のことで、オーナーの奥さんが薔薇好きのリゼッタさんだったので、ロゼッタというこの名前が付いたそうです。

7部屋からスタートし、今は75部屋あるとのこと。

チェーンホテルにはない、趣のある独特の内装でした。

着いたのがすでに夕方だったので、さっそく夕食へ。

ネットで調べたIl Giurista というレストランに行きました。

イタリア ウンブリア州 ペルージャ レストラン Il Guirista 階段
階段を下ってダイニングルームへ

表の通りからかなりの階段を降りたところがダイニングルームで、ワインセラー風。

実際一部屋はワイン部屋でした。

前菜はハムとチーズの盛り合わせをシェアし、私はメインにシンプルなタリアータ・ディ・マンツォ(焼いた牛肉の薄切り)。

焼き加減、塩加減がばっちりで、これまで食べたタリアータの中で最高水準でした。

夫は牛肉の煮込み、一緒に行った友達は手打ちうどん風パスタとイノシシのラグー。

イタリア ウンブリア州 ペルージャ レストラン Il Giurista タリアータ
パーフェクトだったタリアータ

デザートに、私はヴィンサントと地元のビスケットを食べたのですが、このビスケットが普段食べるカントゥッチより軽く、さくさくしていて美味しかったです。

全て、満足の行くお料理。

今回のイタリア行きでは、これが最初の美味しいイタリア料理でした。

というのも、8月のミラノは、大げさに言えばゴーストタウン

お気に入りのレストランが夏休み中で、全滅だったのです。

イタリア ウンブリア州 ペルージャ レストラン Il Giurista 内装
穴倉風の店内

かろうじて開いていたところも、どうも代行シェフ、代行ウエイターだったようで、味もサービスもいまいちでした。

夏のイタリアは、観光地に行かないと、イタリアの良さが味わえないのだと肝に銘じたことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です