城跡

城跡

【2014年5月】マン島のピールには、かなり立派な城跡があります。

入ってみると、いくつかの建物の跡がきれいな芝生の緑の中にあって、「兵どもが夢の跡という風情です。

この城は1098年にノルウェーのヴァイキング王、マグヌスが要塞として建てたのが始まりだそうです。

その後、13世紀にスコットランド、14世紀にイングランドの配下に入ったとか。

敷地内に、セント・ジャーマン大聖堂跡もあります。

これは12世紀から建て始められた教会で、地下聖堂は牢獄としても使われたとのこと。

「暖かい夏の日でさえ、あまりにも悲惨な場所だったため、数日の刑期で罪人が改心したと言われている」と『ピールの歴史』という小冊子にありました。

ところで、このピール城、ここから48キロほど東に行ったところのピール島にある城と混同されることがあると書いてあります。

このピールはPeel、ピール島はPielです。

ピール島のほうには去年行きました。

これ です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です