小さい飛行機でプリンス・エドワード島を発つ

小さい飛行機でプリンス・エドワード島を発つ
カナダ プリンス・エドワード島 シャーロットタウン 港 家
シャーロットタウンの港付近の風景

【2019年7月】カナダのプリンス・エドワード島での最終日、とても良かったGreat George Hotel のチェックアウトタイムが11時と早かったので、チェックアウト後、荷物を置いて、シャーロットタウンの港付近を散歩しました。

カラフルな家々が並んでいて、土産物屋などになっています。

少し買い物をして、そこにあったテラス風のレストランに入り、ロブスター・ロールを食べました。

カナダ プリンス・エドワード島 シャーロットタウン ロブスター・ロール
お昼に食べたロブスター・ロール

サラダと一緒に出てきて、美味しかったのは確かだし、夫は「剥かなくていいのが良い」と何度も言っていましたが、このパンがカリッとしたバゲットだったら、もっといいのに、と私は思いました。

それにせっかくロブスターが豊富なのだから、イタリアでよく食べるような、ロブスター・スパゲティがあると、もっといいのになあ。

2時に、すっかり馴染みになった運転手のビリーが迎えに来て、空港に向かいました。

その道中に聞いた話ですが、彼の息子が芝刈りの事業をしているとのこと。

シャーロットタウンでは、庭の芝が伸び切っていると、町役場から注意され、それでも放っておくと、町が勝手に芝刈り業者を送って芝を刈り、その代金が請求されるのだそうです。

町が送る業者は、通常より割高だとか。

カナダ プリンス・エドワード島 空港 窓 小さなプロペラ機 人々
空港の窓から

確かに、町中、芝はよく刈られているし、殆どの家のメンテナンスも良いようでした。

ビリーに「今度は秋に来るといいよ」と言われ、空港でお別れ。

それからが、この日のハイライトでした。

フライトのチェックインをした時に、席が4Bと5Bだったので、おかしいなと思っていたのでした。

空港の窓から見た飛行機は、とても小さなプロペラ機

乗り込んだ時には、まるで遊園地の乗り物に乗ったような興奮を感じました。

カナダ プリンス・エドワード島 小さなプロペラ機 操縦室
席から見えた操縦席

数えてみたら、18人乗り

操縦室も見えます。

客室乗務員はおらず、パイロットの一人が安全面の説明をしました。

空調の空気が出てくる穴は窓の下、上の棚はありません。

飛び立つときの加速時には、「これから飛ぶぞ」という気合を感じました。

ヘリコプターよりは高いのでしょうが、かなり低いところを飛ぶので、地面が身近に感じられます。

ほんの30分ぐらいの飛行の後、ノヴァ・スコシア州のハリファクスに到着しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です