政治的な祭り

政治的な祭り

【2013年6月】大粒のヒョウが降った土曜日、誘われて、チニゼッロというミラノ郊外の町で催されていた地味なお祭りに行きました。

フェスタ・デル・ウニタと呼ばれる祭りで、本当だったら、歌や踊りが繰り広げられるはずでしたが、悪天候のため、テント内での飲み食いだけに興じました。

これはそもそも、その昔、イタリアの共産党が新聞「ウニタ」のプロモートのために始めたものだそうですが、共産党が民主党となり、世の中が変わるにつれて、政治色は薄まったといいます。

でも、テント内には民主党の旗がありましたし、たまたま地方選挙の直前だったからだと思いますが、この町出身で、今は上院議員、EU議員、あるいは、日本で言うなら県議会議員に当たる人たちが立候補者の応援演説をやっていました。

立候補者を含め、ほとんどが女性でした。

ここでは、ボランティアの人たちが食事を激安で提供しています

紙の使い捨て食器が使われ、見た目は非常に貧相なのですが、驚いたことに味は満点

この辺がさすが、イタリアだなあ、と感心した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です