新しい世界遺産

新しい世界遺産

【2015年10月】日本から友達が来たので、イタリアのピエモンテ州へ遠足しました。

彼女は世界遺産検定2級を持つエキスパート。

昨年、新しく世界遺産に登録された「ピエモンテ州のブドウ畑の景観」を見たいというのが希望でした。

残念ながら天気予報は雨。

「まあ、美味しいランチでも食べられれば」と出かけたら、日ごろの行いが良かったようで、現地に着いたら日が差して、 美しい景色が広がりました。

以前にも行ったことのあるグリンザーネ・カヴールだったのですが、世界遺産指定を受けて、トイレや案内板などの整備がされていました。

ぞしてお目当てのレストラン La Salinera。

前菜盛り合わせは 冷たいもの二皿暖かいものが一皿。

プリモ(パスタ類)の ラビオリを三人でシェア。

メインは ウサギ肉ソーセージ

どれも期待通りに美味しく、もったいないながら食べきれないほどだったのですが、 デザートもしっかり別腹に収めました。

もちろん、ワインはバローロ。

景色の良い素敵な環境で美味しいものを食べるというのは至福だなあ、と再確認したことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事