日本の酒

日本の酒

友達のバングリーの投稿です。

【2013年4月】イタリアでは、「酒」という言葉は、日本の特殊なアルコール飲料を指すと思われています。

でも、実際にはそうとは言えません。

日本では「酒」という言葉は、全てのアルコール飲料に使われているのです。

もちろん、酒にはいろいろあります。

例えば、日本酒は、エチルアルコールと発酵した米から出る液体から作られた飲み物で、アルコール度は15度です。

一方、焼酎は米や麦などの穀物や芋の蒸留でできていて、アルコール度は20度から25度あります。

焼酎のアルコール度は食後酒のレベルなのに、日本酒と同様、食事中に飲まれている(通常、氷を入れて)のが興味深いところです。

西洋人には、両方とも飲みやすい味なので、注意が必要です。

というのも、食事をしながら飲むと、知らずにたくさん飲んでしまう恐れがあるからです。

気をつけないと、とんでもなく酔っ払ってしまいますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事