生ガキを食べる

生ガキを食べる

【2015年12月】私が生ガキが好きだと言ったので、ツアーリーダーのマックスがチリのチロエ島からさらにフェリーに乗ってクラコ・デ・べレスという小さい町に連れて行ってくれました。

この辺りでカキを養殖しているのだそうです。

専門店があって、目の前で カキを開いてもらいました。

といっても、南半球ですから12月は夏。

マックスが8年前(!)に来たときには大賑わいだったというこの店もこの日は閑散。

カキそのものはぷりぷりしていて美味しかったですけどね。

カキを前菜にして、その後、近所のこぎれいなレストランでランチ。

名前は忘れましたが、味が タラによく似た魚を食べました。

素朴で美味しかったです。

ここの店主、やはりチロエ島特有のずんぐりした人でしたが、とても感じよく、私に町の名が記された、小さな編み物のマグネットをくれました。

チロエ島では手編みが盛んなようでした。

この小さい町にも派手な色の 教会が。

町の広場の 胸像はなんと、金色。

やアヒルが自由に闊歩しているのどかな所でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事