由緒あるパブ

由緒あるパブ

【2014年12月】友達夫婦に誘われて、ロンドン市内の古いパブへ行きました。

Dove」という名前で、テムズ川岸にあります。

17世紀からこの場所にあるパブで、私が結構、気に入っているエール(色の濃いビール)の「ロンドン・プライド」を作っているフラーズというビール・メーカーが1796年から所有しています

ちょっと狭苦しいですが、暖炉がある暖かい部屋で食事をしました。

調べてみたら、「ルール・ブリタニア」という英国の愛国心をあおる歌の詩がこのパブで書かれたとか。

また、17世紀、チャールズ二世が愛人のネル・グウィンとここで会っていたそうです。

また、ギネスブックに世界一小さいバーとして記録されている部屋があるらしいです。

後で知ったので、見なかったのですが。

とても人気があるようで、テーブルの上に、私達の後にもう二組のお客さんがこのテーブルを予約していることを示す札がありました。

肝心の食べ物のほうは、ものすごく美味しいってほどではなかったですけど、まあ、パブランチとしてはよかったのではないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です