福岡を懐かしむ

福岡を懐かしむ

【2019年12月】今回の日本では、数年前、事情があって達成できなかった九州旅行を敢行しました。

買って行ったジャパン・レール・パスでは新幹線の「のぞみ」には乗れないので、東京駅から「ひかり」で新大阪まで行き、そこからは「さくら」で博多へ。

日本 九州 福岡市 ホテル ホテル・アクティブ博多 部屋
小さいながら機能的なホテルの部屋

東京から博多まで、6時間ちょっとの道のりでした。

福岡での宿は、前回泊まって便利だったホテル・アクティブ博多。

狭い空間のいろいろなところに、必需品が隠されている宿で、朝食も充実していて、割安感があります。

今回も満足しました。

さて、福岡市で行ったのは、西新という地区です。

というのも、私はここにある高校に通ったのです。

日本 九州 福岡市 西新 商店街 バナー
アジアの雰囲気がある商店街

ここで高校時代からの友達と待ち合わせ、母校を覗いてみました。

ウン十年もたっているので、当たり前と言えばその通りですが、高校はすっかり建て替わっていました。

事務局の人に少し話を伺って、我々の卒業後の変化を知りました。

一番、驚いたのは、今は男クラ(男子生徒だけのクラス)がないという事実。

私たちの時代には、1学年10クラスのうち、確か半分ぐらいは男クラだったのです。

日本 九州 福岡市 西新 蜂楽饅頭
昔ながらの蜂楽饅頭

高校を後にして、学生だったその当時、我々がよく立ち寄っていた「蜂楽饅頭」屋をさがして、商店街を歩きました。

アジアの雰囲気がある商店街です。

海外に住んで長いために、こういった所にアジアを感じるのか、それとも、雰囲気が変わったのかは定かではありません。

昔あったスーパーなどはなくなっていましたが、「蜂楽饅頭」はありました。

昔より小ぎれいになっていましたけれど。

懐かしいお饅頭を一つずつ食べました。

日本 九州 福岡市 室見川 料亭 明かり
室見川沿いの料亭の明かり

お店の人によると、今も高校生がよく来るとのこと。

変わらない事もあるのですねー。

それから友達が、室見川沿いのお寿司屋さんに連れて行ってくれました。

「喜市」という名前で、この一帯に4つほどある姉妹店の一つです。

日本 九州 福岡市 レストラン 喜市 天ぷら
美味しかった天ぷら

お刺身や天ぷらの後にお寿司。

ウニやトロは言うまでもなく、その他のどれもが新鮮で歯ざわりがよく、絶品でした。

もう暗かったので、景色は見えませんでしたが、川に映るライトがゆらゆらして、これまた一興。

大満足の後、ホテルのある博多駅に戻ってみたら、クリスマスのイルミネーションの中でイベントが繰り広げられていて、たくさんの人。

日本 九州 福岡市 博多駅 イベント 人々
博多駅前でイベントを楽しむ人々

ただ、雨模様だったのでちょっと気の毒でした。

友達によると、福岡市は人口が増えているのだそうです。

都市として規模がちょうどよく、食べ物が美味しいのが強みのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です