秀逸のレストラン

秀逸のレストラン

【2017年9月】ギリシャというと青空を思い浮かべますが、ザキントス島での翌日はどんより曇り。

風が強すぎるという理由で、予約してあったツアーがキャンセルになりました。

それでその日は、ザキントスタウンで過ごすことに。

このホリデー中、町で一本の目抜き通りを何度行ったり来たりしたことか。

この日はまず、アギオス・ディオニシオス教会に行ってみることにしました。

ここは、1547年に生まれて1622年に亡くなった「許しの聖人」として知られる地元の聖人、ディオニシオスを祀った教会で、1953年の地震で崩壊しなかった重要な建物の一つなのだそうです。

博物館が併設されていて(入場料€1)、地震で壊れなかった宝物類が展示されていました。

そこから出たら、とうとう雨。

そろそろランチの時間だったので、ネットで見つけたレストラン、「ヤード・オブ・テースト」に向かうことにしました。

小さい町なのに、ちょっと迷った末、やっとたどりついたレストランは、なかなかおしゃれ

席についたら、ミネラルウオーターとブルスケッタがサーブされました。

それで、前菜は一品だけ取ってシェアすることに。

フェタチーズを揚げたものにフルーツや蜂蜜が絡まっていて、とても美味しかったです。

シェアしないで一つずつとっても良かったほど。

メインは、私が豚のヒレ肉、夫はビーフにしました。

キノコのソースで付け合わせはスイートポテトのピューレ。

私のメニューには、本当はバスマティが付いていたのですが、あまり好きではないので、ポテトにしてもらったのでした。

お肉は良い具合に焼かれていて、キノコも良い味わいです。

ワインは、地元のではなかったようですが、ギリシャのワインを頼んだら、これが大当たり。

とても気に入ったので、ロンドンからギリシャの酒屋に注文したほどです。

食後にマスティカというお酒を薦められて飲んでみました。

マスティハという樹液からできているようです。

今まで体験したことのない味わいでした。

この日の夕方には、ザキントスタウンを見下ろすボハリ村へ

城跡がありましたが、閉まっていました。

見晴らしがよく、日が暮れて、町に徐々に灯がともっていく様子をのんびり眺めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です