美味しいランチのことなど

美味しいランチのことなど

【2018年5月】イタリアサルディニア島の町、アルゲーロでの二日目のランチは、ネットで褒めてあったNautilus というレストランを探しました。

すでに通常のランチ時間を過ぎていたのですが、ネット情報によると、ここは一日中開いているということになっていたので、ここを選んだ次第。

ところが入ってみたら、ウエイターが「キッチンに聞いてみます」。

一日中開くのは6月からだとのこと。

泊まったホテルのレストランが開くのも6月からだし、様々なツアーが始まるのも6月。

5月末のこの季節はまだ、ローシーズンとみなされていたようです。

ちょっと遅すぎですよね。

幸運にも、キッチンがOKだったので、二階の港が見える席につきました。

このレストランは、前日のよりも高級っぽく、プレゼンテーションもおしゃれ

前菜には4種類の料理の盛り合わせをシェアしました

海外ではあまり見かけないサザエと思われる貝も含まれていました。

私はメインにボッタルガとボンゴレのスパゲティを選びました。

麺は、私には太すぎましたが、ボッタルガがオレンジ色の種類で、ソースとして混ざっているだけでなく、削りぶしのような形でかかっていて、とても美味しかったです。

夫はツナステーキで、ピスタチオがまぶしてあってこれも上々。

ザートは二人とも、軽くレモンシャーベットにしました。

ワイン一本と、普段ミラノなどで飲むのよりハーブが効いていて軽い感じのミルト(サルディニアで一般的な食後酒)を含め、全部で€95.50でした。

大満足。

隣のテーブルにポルトガルの家族がいて、2歳ぐらいの子供が愛くるしかったのですが、その子がベランダ席に座っていたドイツ人のおじさんになついていた様子が微笑ましかったです。

父親とみられる男性が知らん顔しているのに、この他人のおじさんは、自分が子供好きであるのを全身で表していました。

夫も子供好きなのですが、それを優に上回っていました。

子供とか、犬とか、自分が好かれているかどうか、直感的にわかるもののようですよね。

さて、一度、ホテルに戻って休んだ後、「900年に渡る歴史が解明される」と大仰にうたっているトレニーノ列車の形をした観光バス)に乗りに行きました。

けれど、結果的に、これには大ガッカリ。

一人€5と安かったのですが、「右に見える塔は形が8角形で通常と異なっています」という具合で、その背景説明など全くありませんでした。

地元ならではのエピソードなども聞きたかったのですが。

その帰り、Torre di Sulisという塔の近くで、手作りの回転木馬で遊んでいる子供たちを見かけました。

道化のような男性が中心にいて、彼が自転車をこぐことで、木馬ならぬ革でできた馬が回る仕掛け。

とってもよくできていて感心しました。

ちなみに、このTorre di Sulis についてはトレニーノで説明があり、サルディニア島南部の州都カリアリの政治家で謀反を起こしたSulis という人が18世紀に20年あまり、ここに幽閉されていたので、こう呼ばれているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です