葛西臨海公園

葛西臨海公園

【2017年4月】今年のイースター休暇は、日本へ一時帰国しました。

家族がまず連れて行ってくれたのは、東京の江戸川区にある葛西臨海公園です。

1989年6月にオープンした公園で、約81万平方メートルもあり、都立公園としてはトップ3に入る広さだとか。

週末のこの日、平均年齢が高い我々一族のほかは、ほぼ9割がたが子供連れ。

ちょっとびっくりしたのは、ピクニックの仕方。

この頃は、テントを張って、プライバシーを確保するものなんですね。

それとも、日焼け防止のためでしょうか。

私達はまず、観覧車を目指しました。

ダイヤと花の大観覧車」という名前で、直径が111メートル、高さは117メートル。

国内最大級だそうです。

母が「あそこでも乗ったわねえ」と言いましたが、あそことはポーランドのグダニスク

あちらはもっと小ぶりでしたが、三周乗せてくれました。

こちらは一周だけで、約17分。

運が良ければ富士山も見えるそうですが、この日は驚くような景色は見えませんでした。

海が見えたのが良かったですが。

その後、たまたま行き当たった園内のちょっとした市場を覗きました。

変な組み合わせですけれど、東京の地酒と人形焼きを買って一休み。

人形焼きなんて、何年振りだったでしょうか。

そして、最終目的地の水族館へ。

私の家族は水族館が大好きなのです。

入口はガラスのドームだけで、地下に水族館が展開されていました。

地域別に展示してあり、かなり充実。

ただ、人が多すぎて、堪能することはできませんでした。

夫が「水族館に来るたびに、これまで見たことのない魚がいる」と嬉しそう。

本当に魚の柄は驚くほど美しいですよね。

あまり顔が可愛くないチリのペンギンもいました。

楽しんでいたら、あっという間に午後5時の閉館時間

都営だから遅くまではやっていないのですね。

水族館から出てきたら、夕日がきれいでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です