蒸気機関車

蒸気機関車

【2014年5月】マン島で乗ったかわいい列車の第三弾は、首都のダグラスと南端のポート・エリンを結ぶ蒸気機関車でした。

1873年にできた路線で、狭軌線の鉄道で、継続して運営しているものとしては、英国一古いと言われています。

今もオリジナルの機関車を使用しているとのこと。

車両はすべて、廊下さえない個室で、一室一室にドアがあります(こんな具合

英国本土でも昔はこんな形の列車が走っていたんですよ。

一回だけ乗ったことあります)。

シートの模様に、マン島の三つ足のシンボルが使われていました。

機関車から煙が上がり、一生懸命、動いている音がしましたが、音の割りには動きがゆっくり。

海や羊ののどかな景色を眺めながら、途中のキャッスルタウンまで乗りました。

ところで、今回乗った三つの列車、要注意なのは、冬季は走っていないらしいことです。

いずれも3~4月から11月上旬までの運営のようです。

夏場はダグラス市内に馬が引く路面電車も走るそうです。

5月上旬のこの時期には、まだやっていませんでした。

残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です