蜂

【2015年8月】ドイツのザクセン・スイス地方の村、クーロルト・ラーテンでケーキを全部食べられなかった理由は、ケーキが重すぎただけではありません。

一度フォークを置いた隙に、蜂がケーキにとまったのです。

ドレスデン市内もそうですが、この辺りには蜂がぶんぶん飛んでいました

ドレスデンのカフェに並ぶケーキにもとまっていましたが、清潔の極みのドイツ人が気にしていなかったところを見ると、害はないのかもしれません。

カフェを出て、バス停に戻ったときに事件は起きました。

暑い日で、木綿のワンピースを着ていたのですが、ナント、スケベ蜂がスカートの中に入ってパニックに陥ったらしく、私の脚をがじっと刺したのです。

痛いこと痛いこと。

すでに腰痛を抱えていましたから、まさに「泣きっ面に蜂」です。

痛みは翌朝にも続きましたが、徐々に痛痒くなり、引いていきました。

私には大迷惑でしたが、蜂がこんなにたくさんいるということは、環境が良いということなのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です