食べに行ったボローニャで、ついでに観光

食べに行ったボローニャで、ついでに観光
イタリア ボローニャ レストラン Trattoria della Gigina 前菜
4種類の前菜を手前から順番に食べる

【2019年10月】久しぶりに本場のボロネーゼが食べたくなって、イタリアのミラノからボローニャへ出かけました。

数年前にも行って美味しかった、郊外にあるTrattoria della Giginaです。

今回は奥の部屋に通されたのですが、奥は高級感があり、ウエイターの役割も決まっています。

男女でテーブルにつくと、男に渡されるメニューにのみ値段が書かれているという古風なタイプ

イタリアで初めてこのシステムに遭遇した時には非常に驚き、性差別だと憤ったものですが、あちらこちらで見かけた今は慣れっこになりました。

前菜には、4つの料理が出てくるAntipasto Giginaにしました。

前回もそうでしたが、端から順番に食べるように指示されました。

最初がローストビーフ、二番目がタルタル・ステーキ、次がソーセージ、最後がヴィテッロ・トンナートでした。

イタリア ボローニャ レストラン Trattoria della Gigina デザート
美味しかったデザート

どれも美味。

メインはもちろん、Tagliatelle alla Bolognese です。

これは前回と全く同じ、変わらない美味しさでした。

パスタがつるつるっと入るのが良いのだなあ。

美味しいクリームに、軽いビスケットが刺さっているデザートも逸品でした。

ワインはこの地方のサンジョヴェーゼ

普段はサンジョヴェーゼを選ばないのですが、ここのウエイトレスが、サンジョヴェーゼでもレゼルヴァなら、しっかりした味わいだと推薦してくれたので、そうしたら、確かに満足のいく味でした。

デザートワインも飲んで、全部で€108(約13000円)はお値打ちだったなと思った次第。

イタリア ボローニャ 大聖堂 外観
目立たない大聖堂の外観

とても満足したので、このまま戻っても良かったのですが、ミラノからはるばる二時間ほどかけて来たボローニャですから、少し、町の中を散歩しました。

駅から町の中心に伸びる通り、via dell’Indipendenza の途中にあった教会に入ってみました。

何と、ここがボローニャの大聖堂でした。

それほど大きくない通りに面しているため、外観はぱっとしませんが、中はさすがに立派です。

もともとは1028年からの歴史のある大聖堂ですが、建て直し、建て増しの末、現在の建物の大部分は17世紀のものだそうです。

イタリア ボローニャ 大聖堂 群像 ろうそく
大聖堂内の群像

中にあったテラコッタでできた群像に目が留まったのですが、これは16世紀前半にアルフォンソ・ロンバルディという人が作った「キリストの死を嘆く人々」という像なのだそうです。

ボローニャではマッジョーレ広場に面したサン・ペトロニオ教会の方が外観が目立つし、規模も大きく有名ですが、この大聖堂も一見の価値がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です