とうとうアルゲーロ最終日、また良いレストランを発見

とうとうアルゲーロ最終日、また良いレストランを発見

【2020年9月】2週間に渡ったイタリアサルディニア北西部アルゲーロでの滞在も、とうとう最終日が来てしまいました。

イタリア サルディニア アルゲーロ ベーカリー ウィンドー お菓子
何度も行ったベーカリーのウインドー

この日の朝、用事があって夫が地元の郵便局に行って分かったことは、郵便局での手続きをオンラインで予約できるということです。

予約無しの人だけが、ずらっと並ぶ仕組みだそうです。

小さい地方都市ですが、進んでいるのですね。

夫の朝の散歩でもう一つ分かったのは、月曜日のこの日は、お馴染みの市場の食堂はお休みだということ。

これは残念。

最後にもう一度、行こうと思っていたところでしたから。

イタリア サルディニア アルゲーロ 夕焼け 海 岬
美しい夕焼けの景色もこれが見納め

市場で食べられないのだったら、ということで、昼は何度も行った近所のベーカリーで買ったもので済ませ、夕食用にAragonというレストランを予約しました。

ここは初めてですが、オンラインでのレビューが良いので選びました。

仕事を終えた後、ちょっと早めに旧市街へ。

この美しい夕日の光景を見るのも、これが最後かと思うと感慨深かったです。

イタリア サルディニア アルゲーロ 珊瑚 店
ペンダントを買った店

人々へのお土産を調達し、私自身への珊瑚のペンダントも買いました。

2年前に行ったのと同じ店で、相変わらず、セールスマンとしては最悪の技術屋が、顧客に対応していました。

それでも、結構、次々に人が入っていましたので、この持ち味に人気があるのかも。

7時半にレストランへ。

歩道にテーブルを広げたところで、ウエイトレスや、そのボスの男性の雰囲気にイマイチ、品がなく、第一印象はあまりよくありませんでしたが、後に好転しました。

イタリア サルディニア アルゲーロ レストラン Aragon 前菜 Misto Mare
前菜の小皿

店が混んでくると、彼らはテキパキと働き、プロの仕事人であることがよく分かった上、料理がとても良かったからです。

前菜は、Misto Mare というメニューをシェア。

小さい器が6つほど出てきて、イカやタコなどそれぞれ異なる凝ったお料理が入っていました。

私のメインはTonno in Crosta

これはツナにカラサウでできた衣を付けて揚げてあるもので、タタキのように外側は焼けているけれど、中は生に近かったです。

かなりの厚みがありました。

イタリア サルディニア アルゲーロ レストラン Aragon Tonno in Crosta
美味しかったTonno in Crosta

ベアルネーズソースと一緒に食べ、非常に美味しかったです。

夫はPolpo Arrosto、つまりタコのローストで、まるでミロの絵のような盛り付け。

様々なソースに付けて食べます。

デザートは、Sfogliatina alle Mele というのをシェアしました。

パイ系のお菓子で、これもとても美味しかったです。

この日のワインはVelmentinoのスパークリングワイン

以前、サルディニアの赤ワインは殆どがカンノナウだと紹介しましたが、白ワインはもっぱらこのヴェルメンティーノです。

イタリア サルディニア アルゲーロ ワインバー L'Altra Vineria 建物
ワインバーが入っている建物

ヴェルメンティーノに長生きの要素があるかどうかは知りませんが。

この夕食は€94.50(12000円ほど)と、今回のホリデーの中では高かったですが、満足度も高かったです。

食後、最後だからと旧市街を散歩しました。

そして、初日に行ったワインバー、L’Altra Vineriaで締めくくり。

初日には夏の盛りの賑わいが感じられましたが、この日は物静かで、シーズンの終わりを物語っていました。

支払いの際、ここの店主が「次に来る時には、アルゲーロの住民になっていてくださいね」と言ったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です