とっても良かったボーザのレストラン

とっても良かったボーザのレストラン

【2020年9月】イタリアサルディニア島の西岸にある町、ボーザを訪れた日、丘の上の城跡見学の後は、まずランチの予約をしました。

イタリア サルディニア ボーザ 空き缶 アート
道中見かけた空き缶のアート

いつものように、夫がネットで検索し、良さそうなレストランを選び、電話で予約。

Locanda di Corte という店です。

あてにならないグーグル・マップを頼りに、このレストランを探しながら、上ってきたのとは反対側から丘を下ります。

反対側は旧市街の端っこで、家々の脇に長い階段が続き、これを下りました。

そして旧市街の中心付近に辿り着いた後、上り下りのある迷路のような町で少し迷った末、レストランを見つけました。

迷っても、しょせん、小さい町ですからね。

イタリア サルディニア ボーザ レストラン Locanda di Corte 戸外のテーブル
レストランの戸外のテーブル

レストランには屋内もあるようでしたが、私達が案内されたのは戸外のテラスのテーブルでした。

まずは、渡されたコロナウイルスに関する書類を書き、それからまたもQRコードでメニューを見ます。

この町のしきたりなのかな?

おそらくコロナ対策なのでしょう。

アペリティフにプロセッコをグラスでオーダーしたのですが、結局、これをお代わりして一人3杯ずつ飲みました。

スターターは、Tris Antipasti Mare というメニューをシェアしました。

イタリア サルディニア ボーザ レストラン Locanda di Corte 魚介類のおじや
美味しかった魚介類のおじや

イカ+ボッタルガ、マリネートされたツナ、タコ+ポテトの三種類のお料理が出てきました。

どれも美味。

メインは、私にしては珍しくプリモ(炭水化物系)で、Risotto alla Pescatora という魚介類のおじや。

ムール貝とかクルマエビとかが乗っていて、ご飯の味も上々でした。

夫はFregola Cozze Vongoleを選びました。

イタリア サルディニア ボーザ レストラン Locanda di Corte フレゴラ ムール貝
フレゴラというつぶつぶのパスタ

フレゴラというのは、つぶつぶの、クスクスをちょっと大きくしたお米のようなパスタです。

デザートは、レモン味のパンナコッタみたいなケーキと、サングリア入りのチーズケーキをシェア。

どちらも独特で、食べなれない味でしたが、美味しかったです。

お会計は全部で€93.50(12000円弱)。

何度も行ったアルゲーロのIl Pesce D’Oroよりは高めでしたが、とっても満足しました。

ここのウエイター達は、きちっとした感じで、客の質問には丁寧に答えていました。

イタリア サルディニア ボーザ 通り 皮なめし街 川沿い
昔の皮なめし街

顧客はすべて、旅行者だったようです。

実際、ボーザでは外国人旅行者を多く見かけました

私の後ろのテーブルにいた家族連れの中に、6歳ぐらいの女の子がいたのですが、ウエイターから「美味しかった?」と聞かれ、きっぱり「No」と答えていて笑っちゃいました。

日本ではなかなか見かけない光景ですよね。

食後はまた、ぶらぶらと町歩き。

町を流れるテモ川を渡って、かつて皮なめし街だったところを歩きました。

イタリア サルディニア ボーザ 橋 テモ川
テモ川にかかる橋

皮なめし博物館は残念ながら閉館中でしたが。

川のこちら側から見る旧市街も良い眺め。

川には漁船がたくさん停泊していました。

ボーザは本当に絵になる町です。

後ろ髪をひかれながら、予定通り、16:59発のバスでアルゲーロに帰ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です