どこまでもビーチ

どこまでもビーチ

【2014年9月】リトアニアの世界遺産、クルシュー砂州にあるスミルティネ、最初に馬車で連れて行ってもらったのは、バルト海に面したこのビーチです。

砂州というぐらいなので、どこまでも砂浜。

全長98キロの砂州全部がこうなのかどうか分かりませんが、とにかく見渡す限りのビーチでした。

風が強く、波が威勢よく打ち寄せています。

ここが南欧だったら、夏には人が殺到するでしょう。

北欧だから、こんなに閑散・・・と思ったら、御者のアルマさんによると、夏場は大変な混雑なんだそうです。

特にロシア系の人々が詰め掛けるとのこと。

夏でも泳げる水温になるとは思えないんですけど。

9月末のこの日、水着姿の一組のカップルが。

私達の目の前で勇敢にも、海に駆け込んでいました。

ところで、この海辺こそ、私が来たかったところです。

というのも、運がよければ、琥珀が流れ着いているんですって。

見つかりませんでしたけど。

海から外れると、一面の森林です。

無数の松(たぶん)がすらーっと伸びていました。

風が強いのに、傾かずにまっすぐに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です