イカを食べに呼子へ

イカを食べに呼子へ

【2014年1月】家族で佐賀県の呼子にイカを食べに行きました。

岸から渡り廊下を伝って「萬坊」という店へ。

通されたのは、地下、いえ、海中の席でした。

片方の窓からは海の中が見え、もう片方はここの生け簀の中が見えます。

メニューを選んでいたら、突然、大きく揺れ始めました。

店内が一瞬ざわめきましたが、すぐにアナウンスがありました。

「近くを大型の船が通ったために揺れました。

すぐに落ち着きます」。

これも一興。

しょっちゅう揺れたら、船酔いするぞと構えましたが、その後は全く揺れませんでした。

運ばれてきたのは、まだ生きているイカ。

触手がわずかに動いていました。

透明な刺身を食べた後の残りは、塩焼きにしてもらいました。

こういうのを食べると、日本ならではだなあーと至福を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です