絹の町、コモ

絹の町、コモ

【2013年1月】友達が来たので、一緒に、イタリア北部の湖水地方のコモ湖へ出かけました

「人」の文字のような形をした湖の左下の突先にある町がコモです。

小柄ながら、なかなか立派な大聖堂もある素敵な町。

ここはかつて、絹の産地として栄えました

ここに蚕が紹介されたのは16世紀にさかのぼりますが、産業として成立したのは18世紀半ばだそうです。

そして世界各地の伝統産業と同様、1990年代に中国産などの安い製品に押されて、産業としては衰退。

蚕から糸をつむぐことは全くしなくなりましたが、高級ブランド向けの染めや織りは続けられているんだそうです。

それにしては、街中では絹の店は見かけませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です