教会でオペラ

教会でオペラ

【2013年4月】フィレンツェでは教会でプッチーニのオペラ「ラ・ボエム」を聞きました

と言っても、主要の四人とピアノ伴奏だけで行われた簡易版です。

4人とも豊かな声で、小さいコンサートながら満足できました。

早々とブッキングしたせいか、最前列だったし。

ここはSt. Mark’s English Church という小さい教会でアルノ川の南側にあります。

実はここで音楽を聴くのは二度目。

前回もここで小さいコンサートを楽しみました。

今回も同じ人が取り仕切っていました。

家族が音楽好きで、当初のリクエストは「本場のイタリアのカンツォーネを」とのことでしたが、日本で言う、いわゆるカンツォーネのコンサートというのはなかなか見つかりません。

そもそもカンツォーネとは歌一般を指す言葉ですし。

日本では「イタリアで昔歌われたポピュラーソング」をカンツォーネと言うのでしょうかね。

ちなみに、日本の高校で音楽の時間に習ったイタリア歌曲で「ニーナ」というのを憶えていますか。

イタリアでは誰も知りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です