ウサギ料理とサルディニアのビール、そして教会

ウサギ料理とサルディニアのビール、そして教会

【2020年9月】イタリアのサルディニア島北西部の町、アルゲーロでのこの日は、普通の平日。

夫が朝の散歩がてら、市場に赴き、ウサギ肉を買ってきました。

イタリア サルディニア アルゲーロ ウサギ料理
美味しかったウサギ

仕事を始める前に、牛乳、ローズマリー、ガーリック、オリーブ油、パセリでマリネードし、冷蔵庫に保存。

午前の仕事を終えた後、オーブンで料理しました。

香ばしくてとても美味しかったです。

量もたっぷり。

私達が住む英国では、ウサギ肉にはめったにお目にかかれません。

夫がウサギ肉ファンなので、地域のファーマーズマーケットか、ロンドンブリッジ近くのバラ・マーケットで探して買っていたのですが、イタリアのとは種類が違うらしく、もっと大味であることが多いのです。

イタリアは肉も魚も種類が豊富、野菜は味が豊か・・・やっぱりクオリティ・オブ・ライフに差がありますね。

イタリア サルディニア アルゲーロ 聖フランチェスコ教会 内部
フランチェスコ教会の中

午後にも仕事を続け、放課後になって旧市街へ。

ウォーキングツアーの時に、劇場の見学ができると聞いていたので、それが目的です。

ところが行ってみたら閉まっていました。

どうやら、ジャズのコンサートがあるようでしたが、始まりが9時半と遅いので諦めました。

このまま帰るのは悔しいので、閉まる直前だった Chiesa di San Francesco (聖フランチェスコ教会)を覗きました。

入場料が€2(250円ほど)。

イタリア サルディニア アルゲーロ 聖フランチェスコ教会 会議室
教会内の会議室

修道院付属の教会で、15世紀後半に建てられたものです。

とはいえ、大理石の主祭壇は1773年、鐘楼は1632年に作られたそうです。

詳しい歴史が書かれたパンフレットを貰ったのですが、それで分かったのは、この教会、実はホテルでもあったのです。

修道院部分の部屋がホテルの部屋になっているのですね、多分。

古い教会の一部屋が、会議室として使われていたほか、回廊では何やら、コンサートでも開くかのように椅子が並べられていました。

イタリア サルディニア アルゲーロ 聖フランチェスコ教会 地下聖堂
地下聖堂

一般公開の時間が終わる時間となったので、地下聖堂をちらっと覗いて出てきました。

家(エアビー)に帰って、ビールで一息。

サルディニアでビールというと、Ichnusa です。

ほどんど独占状態と言ってもいいほど、コレしかありません。

ラベルがサルディニアの旗だものだから、郷土愛の強い地元民が皆、これを飲むようです。

イタリア サルディニア アルゲーロ ビール Ichnusa
サルディニアでビールと言えばコレ

サルディニア内では各地域によって主張が異なり、まとまりが付かないので有名なのだそうですが、ことビールに関しては、一致しているとのこと。

ラベルの裏側には、ビール造りに関わっている人々の写真が載っていました。

味は、というと、殊更、異なる味わいではなく、ごく普通に美味しいラガービールでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です