コルシカ島でのウォーキング、その1

コルシカ島でのウォーキング、その1

カルヴィ裏の山の頂上にあるNotre Dame de la Serra
山の頂上のチャペルがだいぶ近くに見えてきた

【2007年9月】英国の会社が主催するウォーキングツアーに参加して、フランスのコルシカ島に行った時の話です。

島の北西部の町、カルヴィに落ち着いた翌日、さっそく、ウォーキングが始まりました。

まずは、海の面したカルヴィの町の裏山の頂上にあるチャペル、Notre Dame de la Serra を目指してひたすら登ります。

カルヴィからの道のりは1.5キロほどですが、ツアー会社からのプログラムによると、高低差は250メートル程度だったようです。

ウォーキングの末、山頂から見たカルヴィのシタデル
カルヴィのシタデルが山頂からよく見えた

500年ほどの歴史があるというこのチャペルには入りませんでしたが、ここからカルヴィの町の見晴らしは最高。

天気はイマイチでしたが、頑張って登った甲斐がありました。

このチャペルには謂れがあって、生涯の恋人と訪れると、2人は長いこと幸福な日々が送れるとのこと

残念ながら、今回は友達と一緒に参加したツアーで来たので、恩恵にはあずかれませんでした。

岩の上にマリア様の像が立っていました。

私としては、やっとのことで、ここまで登ったのでしたが、ウォーキングはまだ序の口。

ここから遥か彼方に小さく見えたRavellata Lighthouse という灯台がこの日の目的地でした。

カルヴィ郊外のウォーキングで見た地形
こんな地形を見ながら歩く

全行程12キロ、と計画表にはありますが、メンバーがサテライトを通じた測定器で測ったら、14キロだったとのこと。

ここからは殆ど下り坂だったし、途中、不思議な穴ぼこぼこの岩場があったり、見下ろした海の色が素晴らしかったりして、歩くのはそれほど苦になりませんでした。

ただ、歩き始めてわかったことは、年配者のツアーだから歩きも楽勝、と侮っていたのが大間違いだということ。

Revellata Lighthouse
ようやく行き着いた灯台

このツアーに参加していた爺さん婆さんは皆さん強靭で驚きました。

歩くスピードも大したもので、私は皆に遅れないようにするのが精いっぱい。

そして彼らは、歩くことそのものが目的らしく、私のように風光明媚な景色を見るため、あるいはどこかに行き着くために歩くのではないらしいということも分かりました。

特異な人種です。

食べることも彼らのホリデーの目的ではなく、ランチ用のサンドイッチを自分で用意して持って行かなければなりません。

気持ちの良い外気に触れながらピクニックというのも悪くないですが、私は村の食堂のような所に入って郷土料理が食べたかったなー。

さて、灯台に行き着きました。

Revellata Lighthouse付近のビーチ
海に足を浸して疲れを癒す

ここからは、この辺りの海岸線がよく見えました。

そのそばのビーチで一休み。

歩き疲れた足を海に浸して、疲れを癒しました。

そして、カルヴィに戻って飲んだビールの美味しかったこと!

日々の生活で14キロも歩くことなどあり得ないので、歩きとおせた自分に感心。

その晩のサンタ・マリア・レストランでの夕食では、コルシカ島名物のイノシシ肉を食べました。

ハーブが効いていて美味しかったです。

コルシカ音楽のポリフォニー(男性のアカペラ・コーラス)の余興が付きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です