シップレック・ビーチへ

シップレック・ビーチへ

【2017年9月】ギリシャザキントス島での最終日、フライトが遅かったので、午前中のツアーに参加して、シップレック・ビーチへ行きました。

最初のツアーでの印象が強く、是非、ビーチそのものに行って泳ぎたいと思ったのです。

幸い、ホテルが融通が利いて、通常のチェックアウト時間は正午でしたが、無料で午後5時まで延長させてくれました。

参加したツアーの船は、50人乗りぐらいのスパルタコス号

一路、シップレック・ビーチへ。

約一時間の道のりでした。

船も混んでいましたが、ビーチもしかり。

次々に私達のような船が着いては人々をおろしたり、乗せたりしていました。

確か、自由時間は一時間だったと思います。

私達が着いた時には、まだ日光が一部にしか差していなくて、日蔭が多くて寒かったです。

そして日向には人がぎゅうぎゅうづめ

日向の水の色は眩いのですが、数日前に崖の上から見たのとは異なっていて、以前キューバのヴァラデロで見た蛍光ブルーに近い色でした。

水に入っている人もいて、気持ちよさそうでしたが、ちょっと水に触ったところ、氷のように冷たかったので、私は諦めました。

世にも美しいこのビーチで泳ぎたかったので参加したツアーでしたが、仕方ありません。

午後になったら、きっと日向の部分も増え人が分散し、水も暖かくなったかもしれません。

ビーチに打ち上げられている難破船は朽ちていて錆びていて、落書きに満ちていました。

その後、私達のスパルタコス号は数日前にも行ったブルー・ケーブ辺りに停泊し、水泳タイム。

夫は飛び込みましたが、私はやめておきました。

というのも、満員だったこの船から次々に人々が飛び込んでふざけていたので、落ち着かない雰囲気だったからです。

この船は大きすぎて、洞窟の中にまでは入れなかったので、数日前のツアーに参加しておいて良かったなあと思ったことでした。

そしてザキントスタウンに帰ってきました。

ホテルに直行せず、ネットで褒めてあったシーフード・レストランへ。

船と同じ「スパルタコスという名前です。

メインにロブスター・スパゲティを食べたのですが、私好みの細いパスタでロブスターの身が散らばっていました。

気持ち汁気が足りない気もしましたが、味は良く、ザキントスにも美味しいシーフード店があるのだと納得した次第。

今回の旅で初めてグリーク・コーヒーを飲みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です