バレンシアの美術館

バレンシアの美術館

【2016年2月】スペインバレンシアでは、美術館Museo de Bellas Artes にも行きました。

1913年に作られた美術館で、主にスペインの画家の14-17世紀の作品が2000点ほど集められています。

ベラスケスやゴヤ、エルグレコなど有名どころがそろっていますが、一番私の印象に残ったのは、ホセ・デ・リベーラが聖セバスチャンを描いた絵

赤い壁の中の暗い絵に凄みを感じました。

スペインの画家の絵は色調が暗いのが多いですね。

行ったのは日曜日だったのですが、それほど見学者がいなくて落ち着けました。

落ち着きすぎていたようで、係員が大口を開けて眠っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です